ご祝儀っていくらくらい包むものか

ご祝儀っていくらくらい包むものかのでしょうか。
結婚式にもってゆくご祝儀について考えてゆきます。

ご祝儀の金額は基本的に奇数がよいと言われています。
偶数だと割り切れますので、カップルの仲が切れてしますという意味のようです。
知らないで偶数の金額を包んでしまうと、相手に良い印象を与えないかもしれませんので、注意をして下さい。

あくまで相場ですが、友人、知人、会社の同僚の場合は3万円くらいです。
1万円だとちょっと少ないです。
もし結婚式の招待を受けていて、欠席をする場合のご祝儀の相場が1万円です。
兄弟や親戚の場合の相場は、5万円から10万円くらいです。
親戚といっても自分に遠い親戚と近い親戚がいますので、金額にばらつきがあります。

ご祝儀の金額が立場で異なるわけですが、お金を入れるご祝儀袋にも種類があります。
披露宴などに行く前にコンビニで売っているご祝儀袋を買って、それにお金を包めばいいやと思っていると恥をかくかもしれません。

ご祝儀が1万円から3万円くらいだとシンプルなご祝儀袋で構いません。
3万円から5万円ほどになると、装飾がやや施されている袋となります。
表書きを書くところが、折り込まれているような装飾になっているタイプです。
5万円以上の袋は水引が立派になります。
色も白以外に赤などのタイプがあります。
金額によってご祝儀袋に違いがありますので、金額が1万円で祝儀袋が5万円以上の金額を入れる袋にしないようにしましょう。

相場観がよくわからない時は、一緒に参加する友人や知人にそれとなく探りを入れてみると、ご祝儀の金額が分かるかもしれません。

結婚式のプロフィールムービーを業者に頼む