石炭って色々な種類がある

石炭って色々な種類があるのです。
石炭って黒いダイヤとも言われていました。
日本では高度経済成長期に燃料の主役の座を石油に譲りました。

石炭は、その種類によって用途も異なります。
色々な石炭の種類を見てゆきたいと思います。

一般的な石炭は瀝青炭というものです。
炭素含量が80%台の石炭です。
日本でも産出されていました。
この瀝青炭を基準に種類を見てゆきます。

瀝青炭より炭素含有量が多いのが無煙炭です。
その名のとおり煙が少ないのが特徴です。
臭いにも少ないです。
無煙炭も日本で産出されていました。

無煙炭より炭素含有量低いのが半無煙炭です。
発熱量が比較的高い石炭です。

次は瀝青炭より炭素含有量が低い石炭です。
亜瀝青炭は水分を含んでいます。
しかし熱量がありますので電力用などに用いられます。
亜瀝青炭も日本で産出されていました。

水分や酸素を含んでいるのが褐炭です。
石炭としての品質が低いので練炭などの原料として使われます。

あまり炭化しきれていないのが亜炭です。
日本でも多く産出されていました。
家庭用の燃料としてかつては使用されていました。

泥状のものが泥炭です。
泥状ですので上記のような石炭とは大きく形状がことなります。
燃料として現在は使用されていなく脱臭剤の原料として使われています。

このように石炭といっても色々な種類があり、使用法も目的も様々です。
現在は、石炭は燃料として使われることは少なくなりましたが、身近なものとしては練炭など今でも使用されているものがあります。

プロパンガスの会社変更をしたい