エステサロンと医療機関の光フェイシャルは違う

お肌のターンオーバーや、保湿成分であるコラーゲンの生成を助ける働きが、光フェイシャルにはあります。エステサロンで手軽に受けることもできるし、医療機関でも光フェイシャルは行われています。医療クリニックと、エステサロンでは、光フェイシャルのやり方が違います。エステに行く場合と、医療機関を受診する場合とでは、肌の状態を把握するやり方が異なります。

肌の代謝を促進し肌トラブルを早期に解消するために、光フェイシャルが使われています。医療施設で受けられるマシンは、高出力のものも多くあります。光フェイシャルを行う器機という点では同じでも、エステか、医療施設かで、器機のスペックが異なります。さまざまな種類の機器がある中から、肌の状態に適したものを使用することが、効果を実感するためには大切です。美容施術を受ける時は、肌の状態に対する自分なりの知識は得ておいて、その上で情報収集をしましょう。医師として知識を持っている人が指導をしながら光フェイシャルをする医療機関と違い、エステは資格がなくても施術が可能です。医師がいる施設では薬を出すことも可能なので、施術後のケアや、アフタートラブルの解決に薬を処方してもらえます。エステと、医療施設はどのような差があるかを認識した上で、光フェイシャルを利用するようにしましょう。
バルクオム 値段