人とのつながりに感謝した定時制の先輩

私の地元神奈川県相模原市に定時制の高校があります。

私自身そこに通っているわけではありませんでしたが、地元のバスターミナルにはいつも、定時制の高校へ通う私よりも年上の方が数名いました。
私の友人がその定時制の高校へ通っている人と知り合いとのつながりで、その年上の方々と交流が出来るようになりました。
当初は定時制のイメージとして、ヤンキーだったり、あまり人間関係が得意ではない人のイメージを勝手に持っていました。もちろんそういった人もいるかと思いますが、たまたま知り合ったその方々は見た目は怖いものの、非常に仲良くしてくれました。何となく顔を合わせる時間も増え、バスターミナルがいつの日か、皆の集まる場所になりました。その日起こった事や些細な世間話、年上の先輩方はとても親身に色々と話を聞いて下さり、いつもちゃんとしたアドバイスをくれました。本当の兄のように接してくれたその先輩方には、大変感謝しています。

通信制高校へ行きたくないと思う1000の理由