節度を

遺体を自由に埋葬することができないことは誰でもわかることです。もしそのように

するならば死体等遺棄罪に問われ懲役刑になります。しかしながら、国の発表によりますと節度を持って散骨するのであれば構わないというのが日本における公式の見解です。何を指して節度を持ってとなるのでしょうか。そこには様々なことが関係しています。まず一つは骨の状態に関してです。遺骨をはっきりと骨とわかるような状態で散骨することは多くの人にとって不快感を及ぼすものです。ですから遺骨とわからないような状態にしなければなりません。細かくパウダー状にするということです。自分立たちで行なうこともできますし、それを行なっている業者もあります。場所に関しても節度を保つ必要があります。散骨ですぐに思い浮かべるのは海かもしれません。フェリーなど多くの人が乗船する船から行なうことは節度のあることには当たらないと判断する人は多いはずです。エステナードソニックrose