個人の家

葬式をどこで行うかということですけども、すべての葬式が斎場を借りる

というわけではありません。田舎の場合ですと個人の家で執り行うとところも少なくありません。しかし最近は、斎場を借りて行うという人が大変増えています。祭壇も必要となってきますが、これについては、葬儀社によってバラバラといえます。ですが、最低でも20万円以上はかかるものと考えることができます。この中には遺影、棺、骨壷、葬儀用の供花、位牌などが含まれています。これは基本的な費用でこれ以外にもオプションによって様々な料金がかかってきます。また遺体を病院から運んだり、火葬場まで運ぶなどの交通に関係する様々な費用も発生します。葬儀料金を自体だけでも少なくても500000円以上はかかるものと考えることができます。それはすぐに手を出すことができるような価格ではありません。何十万円、場合によって何百万することもあります。そうした多額の費用を捻出することには難しさがある人も少なくありません。また、墓地にするための土地が見いだせないということもあります。墓地にできる土地も飽和状態にあります。簡単に森林を切り崩し、墓地にするということもできなくなっています。このように自然葬が出てきた背景には、現代の様々な問題が起因しています。haru シャンプー