引越しにおいては「大安」などの縁起の良い日程は希望者が多いので

日本の自動車総生産がはじめて一〇〇〇万台を切ったのは、九八年のことである。九〇年の一四五〇万台をピークに、それから三一パーセント減の四五〇万台の減少だ。この数字は大ざっばにいうと、トヨタとホンダの国内生産台数を足した数に近くなる。
 その結果、当然のことだが国内自動車産業界の生産設備能力は、実質的に二割、実感レベルで三割の過剰だといわれてきた。長引く景気の低迷もあり、需給の関係が完全に崩れたともいえる。
なぜ日本の自動車メーカーは、次々といとも簡単に外資に攻め入られたのか。その疑問を2000年メーカー別登録・届け台数(含む軽)シェア
輸入車4.3%
トヨタ29.7%
ダイハツ92%
(2000年実績)
ホンダ128%
日産12.2%
その他 0.8%
三菱9.1%
いすゞ1.2%
スズキ103%
富士重工5.0%
マツダ5.2%
参加にあった。外資系自動車メーカーは、マツダとフォードの関係を徹底的に研究し、日本上陸の「手本」にしたといえる。