むくみと運動について

むくみの原因は水分が体内の一部に滞ってしまう事ですが、滞っている原因の一つに運動不足があげられます。

むくみの症状は足に出ることが多いものですが、足は第二の心臓とも呼ばれ、歩いたり走ったりすることで足の筋肉や動きがポンプの役割を果たし、血液を心臓に戻してくれる働きを助けます。通常、人間が立っている状態では、上にある心臓に足の先から血液を戻すにはかなりの力が必要になります。

心臓がしっかり動くことも助けてくれる運動は、むくみの解消にはとても有効なのです。とはいえ、ものすごい量の運動が必要不可欠かというとそうではありません。強い運動を短時間行うよりも、優しい運動を長時間行える方が、体の巡りは良くなります。

急激な負荷は心臓にも良くありませんから、ウォーキングなどの優しい運動を時間をかけて行う事が大切です。たとえば、デスクワークなどで長時間同じ姿勢で動かないような仕事をしている人であれば、会社の手前の駅で降りて一駅分歩いて通勤などすると、むくみ解消につながるでしょう。継続して行えることがむくみの根本的な解消にも繋がるので、無理しすぎずに続けていける運動を生活の中に取り入れられると良いですね。

スリム杜仲粒の販売店は?楽天?アマゾン?