よく広告を見かけるような引越し業者はやっぱり

そんな危機意識をもって車を運転しているドライバーなどほとんどいないといった方が当たっているだろう。車は危険なもの多くのドライバーは車などどうにでもコントロールできると思い込んでいるかのように見えるし、自分が運転ミスなど起こすとはカケラほども思っていない。
それに、もし不幸にも〝相手の不注意で″事故が起きたとしても、ハンドルでしっかり身体を支えれば怪我などしないとも思い込んでいるがある。だから、アート引越センターいちばん簡単でいちばん効果的なシートベルトさえしないドライバーが多いし、子供が助手席の上で立ち上がって遊んでいても注意すらしない親が多いのだろう。中には、子供を膝の上に抱いて運転するという信じ代わり枯してやろうなどとは思ってはいないのだろうが、ぶつかってもハンドルに手を突っ張って支えれば大丈夫だと思っているに相違ない。だが、それは大きな間違いだ。人が手で支える力など、事故に対してはまったく無力なものでしかない。一般的には、腕の力で支えられる衝突の衝撃は時速七~八km程度まででしかないのである。