DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが激しかったからです。そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。 Continue reading

WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば

UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間契約プランが一般的です。

と言うのも、25ヵ月間継続の契約を行なう事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。更に、申し込みから26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、最後には、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。500円と聞くと高額な金額ではありませんけど、割引きは毎月の事ですので、お得感は積もり積もって大きいものとなります。 Continue reading

WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に

WiMAXサービスの月々の利用料金ですけど、実は、契約先によって料金が違います。具体的に言うと、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が値下げされます。更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高くなります。 Continue reading

モデムに無線カードを差し込むと言う事も出来ますけど

WiMAXを手に入れると、WiMAX機器しか必要ないから、部屋がさっぱりします。

光インターネットだとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。モデムは毎月レンタル料金が必要で、月々の料金に追加課金されます。 Continue reading

スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても

WiMAXのサービスに申し込んだ事で、私の生活は一変しました。最も変化が大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする事がなくなりました。Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。
なので、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れる状態になりました。

Continue reading

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも

WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言ったプロバイダがあります。

Broad WiMAXの強みとしては、月額の利用料金が安い点が挙げられます。
その分初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが実施されています。契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。

WiMAX通信を行なう為の機器は、常に進化を続けています。 Continue reading